スペシャル対談 藤本裕子が各界トップに迫る!

スペシャル対談 藤本裕子が各界トップに迫る!

本気で向き合えば、子どもは必ず変わる 天理大学人間学部講師 原田隆史さん

大阪市の公立中学校で20年間、体育授業を受け持ちながら、陸上部の指導や生活指導に尽力。保護者や地域、教職員とともに、教育現場を立て直した原田隆史氏。本気で子どもたちにぶつかる気迫のこもった指導、生徒たちへの限りない愛情は、数々の勝利を生み、多くの子どもたちが日本一の陸上選手に。教育界のみならず、経済界からも注目される「原田メソッド」に迫った。

 

天理大学人間学部講師 原田隆史さん
はらだ たかし  1960年大阪生まれ。奈良教育大学卒業後、大阪市立中学校教諭として20年間勤務。クラブ指導、体育指導、生活指導を通し、子どもたちの「生きる力」を高める取り組みを実践。最終勤務校では7年間に13回の陸上日本一を達成し、全国から注目を集めた。現場を再生する独特の指導法を開発実践し、悩める現場の教師たちから信頼を集める。昨年より天理大学人間学部で教員志望の若者を指導、未来の先生づくりに励む。また「教師塾」を立ち上げて現場の再教育に努める一方で、スポーツメンタルコーチ、企業人材育成なども行う。
http://www.haradatakashi.jp

とにかく子どもが好きだから

藤本 さっそくですが、子どもたちをめぐる問題が多発している今、教育を何とかしなければといわれ原田隆史さんとの対談写真 その1ていますが。

原田 教育を変えるには制度を変えるか、教師が変わるか。しかし、制度はすぐには変えられない。それなら、教師の質を上げるしかありません。

藤本 昨年、20年務めた教職を辞められたそうですね。

原田 今は天理大学で先生を目指す若者たちに「教職論」を教えています。志のある先生をたくさん育てたいんです。「主体変容」といいますが、子どもを変えたいのなら、まずは教師からです。現場では、毎日予想もできないようなことが起こります。それでも、教師が本気で向き合えば、子どもたちは変われるのです。

藤本 実感のあるお言葉ですね。それでは少しさかのぼって、先生になったころのお話から伺わせていただけますか。

原田 ぼくの場合、幼稚園から大学まで、子どもに夢を与えてくれる素晴らしい先生に教えを受けました。大学の教育実習では素直な子どもたちに囲まれて「人気者」で過ごしましたので、「教師こそ天職や!」と確信していました。そして、教員採用試験に合格し、赴任したのが大阪市のある公立中学校でした。「おもろい人気者教師になるぞ!」、そう決意して臨んだ初めての授業。校庭に行ったら、生徒がそろっていない。またあるときは、「こらぁ、原田!」と声がしたので見上げると、ぼくをめがけて3階からいすが降ってきた。夢はあっさりと砕け散りました。

藤本 なんで、そんなことを?

原田 学校全体の「すさみ」が原因です。「若い新任教師だからからかってやろう」。全国的に荒れていた時期ですが、しんどかったです。対教師暴力、タバコ、シンナー、バイク…、「荒れ」は至る所に。指導すれば「死ね」の落書き。取っ組み合いで服がボロボロになったこともありました。深夜には学校の窓に投石。他校生との乱闘もありました。しんどかったけど、やるしかなかったですね。

藤本 どんな生徒にも、真剣勝負だそうですね。

原田 遅刻の生徒には、毎朝電話をする。それでダメなら迎えに行く。「先生が泊まりに行くぞ」と言うのです。実際に、泊まりに行ったこともありますが、「先生はそこまでするんか」と、効果はてきめんでした。教師があきらめて遅刻を放置したら、それがエスカレートして、他の問題行動につながってしまいます。

藤本 そこまでやるのはなぜですか。

原田 純粋に、子どもが好きなんです。学校の周辺でタバコを吸っている子を見ると、ほんまにかわいそうやと思います。3年間ずっとそうやっていた子に限って、受験の直前に「先生、やっぱり高校に行きたい」なんて言いだします。無限の可能性を秘めた子どもたちに、未来の素晴らしさを教えてやりたいのです。

心のコップを上向きにする

藤本 若くて正義感に燃えた先生、周りの反発はありませんでしたか。

原田 ほかの先生よりは、意気込みが強かったでしょうか。周囲の先生は、協力する人、知らんふりの人、出る杭を打つ人、いろいろです。四面楚歌の経験もしましたが、現状を改革するわけですから、最初から覚悟してました。

藤本 保護者の反応はどうでしたか。

原田 ぼくがやることに対して、3分の1はわかってくれる人。3分の1は説明すればわかる人、1割程度は黙って見てる人。ですから、情報開示は徹底的にやりました。

藤本 具体的には、どんな風に?

原田 全校集会や入学式などあらゆる機会に人前でしゃべります。それから文字にして発信する方法。「忘れ物が多いので家庭でも注意してください」というプリントを事前に出しておく。Aくんが厳しく叱られた。でもあの子は100回も忘れ物をしたんだよといったら、親もみな納得します。それから、相手の心をつかむためには、ぼく自身の雰囲気づくりも大切です。体育教師だからといってジャージ姿ではなく、カラーのワイシャツにネクタイをビシッと締めて、くつはいつもピカピカに。プレゼンテーションは身振り手振りを交え、とにかく誠実に。生徒も親も先生も、それは同じです。原田隆史さんとの対談写真 その2

藤本 相手へのマナーと敬意ですね。でも、先生ががんばればがんばるほど、空回りするというようなことも聞きますが。

原田 こちらの思いを伝えるのですから、子どもに「いきなり話を聞け」では無理でしょう。子どもたちは、無気力、無関心。遅刻、忘れ物は当たり前。授業中に平気で寝る、歩き回る、友だちとしゃべる、教室から出ていく。こうした無秩序なけじめのなさが、いじめや暴力などを引き起こし、犯罪にまでエスカレートする。

藤本 どうすればよいのでしょう。

原田 子どもたちは「心のコップが下向きになっている」状態です。受ける側に準備がなければ何も注げない。まずは、コップを上向きにすることです。

藤本 こちらを向かせることですね。

原田 人の話をきちんと聞く態度を養う「態度教育」が必要です。@くつをそろえるAいすを机の中に入れる Bカバンを立てる C元気のいい弾んだ「ハイ」という返事 D人より早くあいさつをする E背筋をピンと伸ばした聞く姿勢。

藤本 どれも基本的なことですね。

原田 修学旅行でくつをそろえたら、旅館の人にほめられる時代です。とにかく根気強く指導する。もちろん私が実践して、根比べです。できたらほめる。できなかったら、教える。この繰り返しです。

藤本 先生も体力勝負ですね。

原田 「あかん、先生には勝てん」と思わせたら勝ちで、みんなきちんとやれるようになります。大切なのは、指導を途中でやめないこと。やらせきる教師の態度が、自立した人間を育てるのです。

藤本 子どもたちは変わりましたか。

原田 最初は「厳しいからイヤ」と言っていましたが、少しずつ私の本気を感じてくれるようになりました。コップを上向きにすることができたらあとはラクです。自立した生徒は、リーダーシップを発揮して、みんなを引っ張ってくれました。

藤本 陸上部が日本一になったのも、同じですね。

原田 初めに学校の周りの情報を集めて回りました。校区には歓楽街もあり、ゲームセンターやカラオケボックスなどもたくさんありました。決して環境がいいとはいえません。そのような状況の中で、子どもたちには「夢」と「リーダーシップ」、そして「誇り」が必要だと感じました。「何とかしてこの3つを心のコップに注いでやりたい。そうすれば、必ず子どもたちは変わるだろう」。これが基本方針になりました。

藤本 どんな指導をされたのですか?

原田 毎朝6時に出勤し、部活動の朝練習のあとで校門に立ち、全員に大きな声であいさつをし、身なりや遅刻の指導を繰り返しました。とにかく厳しく指導し、ようやくぼくの考えが浸透し始めたころのことです。一部の保護者から反発を受け、説明のための集会を開くことになりました。

藤本 そこでは、どう説明されたのですか。

原田 甘えばかりでは子どもは育たない。今、必要なのは厳しさです、ときっぱり。

藤本 子どもたちの反応はどうでしたか?

原田 集会後、何人かの生徒に呼ばれました。弱い立場の子どもたちでした。「先生がんばってな。そしたらぼくら陸上部に入るから」と。涙ながらの訴えを聞き、「よし、一緒にがんばろう」と。そして、全校生徒への説明会のあと、思いきって宣言したのです。「この学校を、絶対日本一にする!」。「夢」と「誇り」を持たせてやりたかったのです。原田隆史さんとの対談写真 その3

藤本 ここからが始まりですね。

原田 さっそく部員集めです。「お宅のお子さんを日本一にしますので、陸上部に入れてください」と頼んで回ると、親たちは「先生、うちの子は無理ですわ」と一言。「子どもには可能性があるんです」と言っても誰も信じてくれません。ところが、ぼくの「日本一宣言」に共感した生徒が、少しずつ集まってきました。

藤本 いよいよあとには引けませんね。

原田 実績も方法論もないところから「日本一」をつくるには…。ポイントは3つありました。まずは「親や子の心に訴える教育を」して「部員の創造」をはかること。より強いクラブにするには、多くの部員確保が必要です。保護者会はもちろん、地域の掲示板なども利用して「陸上部」の広報活動に努めました。4年目には地域の小学生陸上クラブを立ち上げ、月に2回は学校に呼んで、陸上部員たちが小学生にていねいに指導しました。すると、私学へ行っていただろう子どもたちの割り合いが減り、うちの学校に入学してきたのです。

藤本 経営的な視点ですね。

原田 次に大切なのは「ニーズに応える」ということ。保護者が学校に求めているのは、勉強ばかりではなく、安全で平和な学校です。また、学校で子どもを「しつけ」てほしいというのです。そこで、徹底した態度教育で「安全と秩序」をつくり、文武両道のニーズに応えるために放課後は陸上部の練習も90分に。これなら塾にも通えるし、夏休みの家族旅行にも行ける。「部活動もよし」と、親は許可します。

藤本 親の安心と応援は大事ですね。

原田 最後にもうひとつ、この学校ならではの「個性」をどう出すかです。グラウンドが狭いという特徴をプラスに考えると、目がいきわたる。狭いグラウンドを工夫し、走り幅跳びや砲丸投げなど、フィールド競技に力を入れました。

藤本 それも戦略ですね。

原田 ぼくには経営感覚がありませんので、いろいろな方に教えていただき、また自分でもたくさんの本を読んで勉強をしました。関西にある企業家の勉強会などにも参加しました。そこでは、素晴らしい知恵とヒントをいただきました。その上で現場の経験を積み重ね、やがて、教育に欠かせないものが見えてきたのです。 

教育に必要な厳しさ、やさしさ、楽しさ

藤本 長年の経験から生まれた、教育に大切なものは…。

原田 厳しさとやさしさと楽しさです。「父性」を厳しさ、「母性」をやさしさ、「子ども性」を楽しさとしたら、今の学校に足りないのは「父性」です。「母性」や「子ども性」だけでは子どもは育たない。

藤本 それは、家庭にもいえることですね。

原田 現代家庭の多くは「父性」が弱く、その分母親が子どもに愛情を注いでいます。とくに思春期のフラストレーションを理解せずに「母性」を発揮し、より自分に引き付けようとする。つまり、親離れのタイミングを逸してしまうのです。先生の高齢化も「子ども性」の欠如につながります。本来、教師は教育のプロですから、3つを持ち合わせるべきだと思いますが、それは難しい。それなら教師が個々の人間性を生かし、得意なところを受け持てばいい。3人1組で子どもたちを見ていくのです。

藤本 いくら先生でも、一人三役は大変ですからね。ちなみにわが家は、どちらかといえば夫に「母性」が強く、私のほうが「父性」が強いかな(笑)。

原田 ハハハ。いいですね、それも。ぼく自身は警察官の父にやさしい母、そしてユーモアと愛情たっぷりの祖母と兄に囲まれて育ちました。

藤本 どんなお子さんだったのですか。

原田 当時は小心者で、家ではおねしょの常習です。母は、週に6日もおねしょをするぼくに「大人になるまでには治るよ」と言い続け、おねしょをしなかった1日をほめてくれました。学校では「本読み」が苦手でした。担任の先生が「原田くんは1年間本読み当てませーん」。みんなの「ずるーい」という声を制止して「何でもええ、決めたんや!」とピシャリ。順番に本読みが回ってきても、ぼくを飛ばして次へ進む。すると、次第に「読んでみたいなぁ」という気になるんですね。そのとき先生が「原田読んでみるか?」。実は、周りの子に根回ししてたらしいんですね。「明日原田を当てるから、盛り上げたってな」。それを知らずに勇気を出して読んだぼくに、万来の拍手と「最高!」の賛辞。一生忘れられません。

藤本 大人の接し方が、いかに子どもに影響するかですね。

原田 子どもの「心のコップ」を上向きにしたあとは、一人ひとりの長所を伸ばすために、それぞれ個性を尊重し、対応を変えていくことが大切です。走るのが遅くても、人の世話ができる子もいる。子どもたちのいいところをどんどん認めてあげて、自信を持たせてほしいのです。

藤本 子どもの力を信じることですね。最後に、これからの学校について何か…。原田隆史さんとの対談写真 その4

原田 まずは安全で、充実した学校生活が保証されなければなりません。そして、その中で先生と生徒は共通の夢を持ち、保護者や地域の方々がその夢に共感し、それを応援する。みんながいきいきと、一生懸命に夢実現に向かってがんばる。生徒、教師、保護者(地域)がひとつになり、夢を追いかける。自分の、学校の、地域の誇りとなり得るものが必要でしょう。大人たちも、子どもに見せていかなければなりません。

藤本 子どもだけではなく、大人も常に夢や目標を持ち、前に進むということですね。今日は、本当にありがとうございました。

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406