池川 明の胎内記憶 赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるのです

池川 明の胎内記憶 赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるのです

2013年3月号

胎内記憶Q&A 第一子を帝王切開で出産。第二子は…?

「自然なお産」を希望していましたが、前期破水から微弱陣痛、分娩停止で急遽、帝王切開で息子を出産しました。へその緒が首に巻かれていたそうで、それでも無事に生まれてきたわが子、助けてくださった医師に感謝し、納得していました。ところがその後、お産に詳しい友人から、その状況でも「助産院なら普通に産めていた」、祖母からは「昔は普通に産んでいた」と言われ後悔の気持ち…。そして、「今度こそ自然なお産…できれば助産院で産みたい」と思うように。けれども実際は、第一子のお産の状況から、なかなか受け入れてくれる助産院が見つかりません。あきらめるしかないのでしょうか。
(2歳男児の母)

A 

命が最優先のお産現場ですから、妊婦さんがいくら自然分娩を望んでも、緊急に帝王切開になってしまうことも少なくありません。出産後、母子ともに無事でよかったと当初は思えていたのが、ママ友や祖母の一言から、「帝王切開しなくてすんだはずなのに…」と後悔の気持ちがわいてこられたのでしょう。現場にいなかった人が状況もわからずに批判するということは、医療に限らずよくある話です。

お友だちのいう「臍帯巻絡で分娩停止の状態であっても、助産院なら産める」という理由もよくわかりません。一度、お産に詳しいお友だちと一緒に、お産した病院でもう一度説明を受けるとよいでしょう。現在の状況では、帝王切開をしていると、子宮破裂の危険があるので助産院ではお産ができません。普通の病院でもほとんどの所は帝王切開になると思います。

この状況で普通のお産(経膣分娩)をさせてもらえる医療機関は、ご自宅の近くにはないかもしれません。それでも、いろいろ手を尽くして探してみてはいかがでしょうか。迷いが生じた場合は、とことん自分の信じる道を進むよりほかありません。その結果、納得のいく素晴らしいお産ができるかもしれません。必ず希望に添う病院はどこかにあるはずです。がんばってみてくださいね。

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406