池川 明の胎内記憶 赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるのです

池川 明の胎内記憶 赤ちゃんはお母さんを選んで生まれてくるのです

2012年7月号

胎内記憶Q&A

妊娠7週目です。つわりがひどく、食べては吐いてを繰り返しています。実家が遠く頼る人もなく、娘の食事もつくれず、コンビニでおにぎりを買って食べています。仕事で忙しい夫は、「妊娠は病気じゃないんだから甘えるな。母親なんだからしっかりしろ」と何一つ力になってくれません。夫へのイライラはマックスで、娘にもやさしく接するゆとりがありません。いいアドバイスがあったらお願いします。 
(33歳/2歳女子の母)

A 

つわりは、赤ちゃんとお母さんの波動が違っている場合に、それを調整する期間として存在するという見方ができます。時間調整(時差ぼけのようなものでしょうか)が全くいらない場合にはつわりが出ませんし、長期間、時間調整が必要な場合には出産まで続く場合もあります。

確かに、つわりは病気ではありませんが、調子が悪いことには違いがないので、夫の理解も欲しいところですね。理解してもらえなければ、ご相談のようにイライラが募るのも当たり前です。でも、そう簡単に夫を変えることはできません。理想の夫を求め、それが叶わないことがストレスになってしまうのもおかしな話。概して、男はそんなものだと受け入れるしかないのかもしれません。

一時、コンビニのおにぎりばかりを食べたとしても、大きな問題ではありません。でも吐き気止めや点滴などで改善する場合もありますので、できれば病院で受診することをおすすめします。

食べ物が良くない場合につわりがひどくなることもあるし、気持ちの問題もあると言われています。とにかく、必ず良くなることを信じて、気持ちを前向きに、まずは現状を肯定することから始めるとよいと思います。

上のお子様への接し方ですが、具合の悪いときはともかく、体調が落ち着いているときはつとめて、スキンコンタクトをしてあげてください。「お姉ちゃんがいてくれて、お母さんは助かっているよ、元気でいられるよ」「お母さんは○○ちゃんが大好きよ」と、声に出して伝えることが大切です。

お腹の中の赤ちゃんを思って、がんばって乗り越えてください。

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406