藤本裕子

講演会、セミナー参加者の声

  • とにかく元気をもらった。明日からがんばれそう。(28歳女性)
  • 体験に基づく力強いお話で勇気をもらえた。私にも何かができそうな気がしてきました。(35歳)
  • 子育てとは何かを、改めて考えさせられました。子どもの生きるお手本になれるよう、がんばって私も人生を大切にしていきたいです。
  • 子どもと向き合えず、自分は子どもに愛されていないかと不安になることもありました。「子どもはお母さんを選んで生まれてくる」という言葉にドキッとし、涙が溢れてきました。
  • 再就職を目指してセミナーに通っていますが、今日ほど、自分に自信をもらったことはありません。子育ての経験を生かして、地域で何かができたらいいなと夢がふくらみました。(43歳)
  • 今日の講演会を一番聞かせたいのは、主人です。子育てにながらも、ひとりの女性として生きることの素晴らしさを教えていただきました。(33歳)
  • 子どもが3歳になり、何か始めたいと思っています。地域にはさまざまな活躍の場があると知り、もっと視野を広げて地域を見つめてみたいと思います。(38歳)
  • 結婚して子どもができて、自分だけが、大変な子育てに追われていると被害者意識を持っていました。藤本先生の話を聞いて、子育てを楽しませてもらえる今の環境に感謝したいと思い直しました。本当に、子育ては「自分育て」だと思います。(30歳)
  • 学校のPTA委員をやっていて、あまりに価値観の違う母親たちとのつきあいに嫌気がさしていました。けれど、まず自分が変わることで、すべてのコミュニケーションが変わってくるというお話、大変参考になりました。(36歳)
  • 幼稚園に通う子どもの母親です。うちの子のよさを誰より知っているのは私なのに、つい、お友だちと比べてしまったりするイヤな母親でした。もっと子どものよいところを見てあげられる自分になりたいと思います。(32歳)
  • 夫婦で参加しましたが、講師の藤本さん、そして、周りのお母さんたちの元気に圧倒されました。やっぱり母親は偉大です。妻も、子育てに埋没しないで、人間として人生を楽しんでもらえたらと思いました。(40歳)
  • 地域で子育てコーディネーターをしています。藤本さんのお話の中には、たくさんのヒントがあって、すぐにそれを生かして、地域のお母さんとお子さんたちを応援してあげたいと思いました。(61歳)
  • 自分の夢なんて、学生のとき以来、考えたことがありませんでした。改めて、問いかけてみると、まだまだ眠っていた欲求がいっぱい。子育てしながらでも、できることってたくさんあるんですね。(37歳)
  • 子育てサークルの代表をやっています。今日の話は、子育てママたちに話して、みんなで子育てを楽しめたらと思いました。(28歳)
  • さすが、やってきた人の話には説得力がある。藤本さんの熱意がたくさんの人を動かして。ここまできたんだろうと思いました。感動しました。(32歳)
  • まさか参加者の私たちにマイクが回されると思いませんでした。自分の夢を話すということで、久々に緊張で汗をかきましたが、講演会が終わって、大勢のお母さん方に声をかけてもらえてうれしかったです。地域でも一歩踏み出せたらと、本気で思い始めました。(35歳)
  • お母さんという存在を改めて考えさせられました。ものづくりも人づくりも同じなんだというのが実感ですね。終始「目からウロコ」状態でした。家に帰ったら、久しぶりに子どもと話をしてみようと思います。(会社役員、51歳男性)
  • 学童保育で子どもたちの面倒を見ています。子どもは社会の宝だとつくづく思います。講演を聞いた人一人ひとりが、自分のことだけでなく、周りの子どもたちのことまで意識を広げてくれたら、地域は変わっていくと思います。楽しく充実した時間でした。(52歳)
  • お母さんである前に「ひとりの人間」であること。お母さんは完璧でなくてもいい。こと。お母さんは未来をつくっていることなど…。あまりにたくさんの気づきをいただきました。今晩は眠れそうにありません。(40歳)
  • 地域の中で子育てを楽しむ方法を教えてもらいました。藤本さんを見習って、私もがんばって楽しい子育てを実践していきたいです。(30歳)
  • 講演会に参加し、改めて人生を見つめ直すいいきっかけをいただきました。思っても実行に移すことができない人が多い中、何でも思ったことをどんどん有言実行されてきた藤本さんのお話は、たいへん興味深く聞き入りました。(44歳)
  • 中学1年の娘が不登校になり、学校の教育に疑問を感じていましたが、藤本さんの娘さんも不登校になられたと聞いて、勇気がわきました。学校に行けないのは、感性が豊かだから。そんな風に言ってもらえることがなかったので、胸のつかえがとれた気がしています。(42歳)
  • 藤本さんの話を聞いて、今は亡き母親のことを思い出し、涙が止まりませんでした。娘(4歳)を一生懸命に育てることが、母への恩返しだと信じています。(27歳)
  • すべての責任は自分にあるという言葉、とても身にしみます。今までは何かと人のせいにして生きてきたように思います。子どものために、いつも笑顔の母親でいられるようにがんばります。(34歳)
  • 障害を持って生まれてきたわが子。でもそのおかげでたくさんの人と出会い、たくさんの感動をもらっています。すべての子どもたちが幸せでいられる世の中をつくるのは、私たち母親の役目なんですね。(36歳)
  • 友だちに誘われて参加しましたが、こんなに楽しい講演会は初めてでした。子どもを預けること(託児)も、少し後ろめたかったのですが、「子どもたちのほうがよっぽど学んでいる」という藤本さんの言葉、なるほどと思いました。(29歳)
  • 不道徳な母親たちが多い中、藤本さんのように、「ガツン」と物申す人の存在は貴重ですね。今度、うちの地域で、お母さんたちに講演してください。(54歳)
  • 自らの体験談ばかりなので、どれもリアルで楽しい話でした。生き方は、自分とは違うけれど、私も元気をいただきました。(47歳)
  • 子どもに発達障害があることも、すべてが自分のせいに思えて、もやもやとした毎日を過ごしていました。今日の講演で、前向きに生きることの素晴らしさをもらいました。本当にありがとうございました。(38歳)
  • たくさんの有名人に会って、お話をされている藤本さん。出てくる言葉すべてが、今の私にとって必要な言葉ばかりで、ビンビン感じてしまいました。これからもいろいろなジャンルでご活躍ください。(31歳)
  • 身近な子育ての話ばかりでなく、仕事の話など楽しく聞かせてもらいました。リズムがあって聞きやすい話でした。時間の経つのがものすごく早くて、もっと聞きかったです。(26歳)
  • 子育てをしながら、女性だけの新聞社を立ち上げられ、まさにスーパーレディーぶりを発揮された藤本さんですが、専業主婦という特徴を生かして、さまざまなお仕事をされてきたという話に、大変感心いたしました。これからのお母さんたちも、もっと社会に出て活躍されることを期待しています。(66歳男性)
  • 一度はあきらめていた「消費者アドバイザー」の資格ですが、もう一度、合格を目指してがんばってみようと思います。きっと、子どもも応援してくれますよね。(35歳)
  • 講演会で、参加者同士が交流するという初めての試みでしたが、大成功でした。藤本先生に、ノウハウを聞いて、子育て支援をテーマにしたグループをつくることになりました。これからもよろしくご指導ください。(44歳)
  • 子どもの思春期問題に直面しています。遠くから見守れる母親になろうと誓いました。(41歳)
  • 地域で絵本の読み聞かせボランティアをしています。これまでは、全く「仕事」という意識はありませんでしたが、今日の話を聞いて、こういう活動でも仕事として食べていくことができると知り、挑戦してみたくなりました。(37歳) どれも「うんうん」と頷いて聞いていました。世の中「ヘンな大人」が多すぎる。もっと子どもたちのために、命をかけられる大人がいないと日本は終わりですね。(33歳)
  • 仕事が忙しく、子育てに非協力的な夫に、顔を合わせれば文句ばかり言っていた私。夫も外でがんばってくれているんだと思ったら、夫にも子どもにもやさしく向き合えるような気がしてきました。(24歳)
  • 夢を持って生きることの素晴らしさを実践しておられる藤本さん。たくさんの人に勇気と元気を伝えてほしいですね。(55歳)
  • 自分の子育て経験を生かして、今、子育てに苦しんでいるお母さんたちを助けてあげたいと思います。(38歳)
  • 広報をつくる上では、専門技術ではなく、何を伝えたいかという思いが最優先するという根っこの部分の話。そのためには、市民の声を優先すべきという、これまた基本を教えていただきました。あっという間の2時間でした。(公務員、48歳男性)
ページのTOPにもどる
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406