オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

2009年8月号

蛙の子は蛙

たっくんの怖がりは血? それとも育ち方? 先日の家族旅行の際、「飛行機に乗るよ!」とたっくんに言うと、「耳が痛くなるから、飛行機はイヤだ」と言う。仕方ないから乗る前に「アメ」を持たせて何とか搭乗。たっくんは、アメに釣られて機上の人(子ども)となった。

 

が、乗るには乗ったが、離陸寸前に「おなかが痛い、痛い」と言い出してトイレに駆け込んだ。精神的なことからくる下痢に違いない。というのも、たっくんは自宅以外でほとんどウンチをしない。そしてなんと、帰りの飛行機でも、たっくんはアメを握りしめながら、またもやトイレに走った。そのときも下痢。笑えない話だ。

 

たっくんの小さな心は、きっと不安でいっぱいだったんだね。オババは反省!(男の子は乗り物が好きだと、誰が決めたァ〜!)。オババだって苦手なことがあるのに、たっくん、ごめん。

 

けれど、このおかしな世の中で生きていくには、もはや生きる力ではなく、生き抜く力=サバイバル力が必要だ。どうすればたっくんを強くたくましく育てられるか。確かにオババは心配性だが、けんかはめっぽう強いから、きっとたっくんも強くなるに違いない(?)。

 

う〜ん。これはもう、怖がりオババではダメだ。パパに任せるしかないと判断。ところが機内のたっくんパパを見て、ふと心配になった。離陸時に見せた、明らかに緊張の表情! しかも、わずかな揺れにも過敏に反応する姿。ふむふむ、わかったぞ。やっぱり、血は争えない。

 

さて、そんなたっくん一家に、先日カブトムシが仲間入り。というのも、実は、虫も苦手なたっくん。普段から、蚊や蟻を触ることもできないのだから大変だ! そんなたっくんがカブトムシを飼ったら、どうなるか。写真は見ての通り、生まれて初めてカブトムシと遊ぶ(はずだった)たっくん。この先が、ちと思いやられるのである…。

育児日記2009年08月号

(藤本オババ)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406