オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

2009年7月号

オトコ兄弟もいいねぇ!

たっくんが3歳のとき、弟(とうま)が生まれた。たっくんは、弟がママから生ま育児日記2009年06月号01れてくるのを体験学習?した。3歳の子にとって、出産の立会いをするというのは、どんな気持ちなんだろう。

出産直前、ママが陣痛で苦しんでいるとき、両手を合わせて祈っていたたっくん。あれから6か月。とにかく弟がかわいくてたまらない。誰に教わったわけでもないに、毎日の生活の中で、とうまの面倒を見るのは自分の仕事だと思っている。

とうまがおしっこをしたらママに報告し、とうまが泣いたらあやすたっくん。最近では離乳の食べさせ方もしっかり覚えた。こうして自然に、兄弟になっていくのだろう。

つい先日のこと。2人が絵本を読んでいる姿に、オババは思わず感動!子どもの成長とは、なんて素晴らしいのだろう!

編集部に遊びに来て帰るときに、私がとうまを抱っこしていると、「とうまも持って帰るからね」と不安そうに言う。「とうま君は、置いていって」と言うと、「ダメっ!」と真顔のたっくん。とうまがいなかったら、ママを独占できるのに…。

これが、兄弟愛? たっくんにとってとうまは、もはや、なくてはならない存在。弟がいるからこそ、小さい子へのやさしさやいたわりの心を、自然に学んでいる。兄弟っていいね。

今は、ただにっこり笑う弟との時間が、たっくんにとっては「ハニータイム」。だが、このハニータイムも、時間の問題だろう。オトコ同士の激しい兄弟げんかもそろそろ始まるに違いない。宝物のミニカーも育児日記2009年06月号02、奪い合いになるのかな? そんな2人も見てみたいもの。ちょっと弱そうなたっくんだから、弟に負けちゃうかもな。2人がこの先どんな大人に育つのか、オババの楽しみでもある。

ちなみに、うちの3人娘。小さいときは仲良しだったけど、思春期の頃はけんかばかり。そして大人になった今、再び仲良し3姉妹に。オンナの子しか知らない私だが、オトコの子の兄弟も、なかなかいいもんだ。

先日、娘がたっくんととうまをうれしそうに眺めながら、「私も信子かあさんを目指そうかな」とポツリ! が、隣にいた貧乏新聞社勤務の夫は、複雑な顔をしていた…。

大丈夫。お金がなくても何とかなるけん。ねっ!信子かあさん、夫の英治さん!何といっても、子は宝(財産)だね。

(藤本オババ)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406