オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

LIVE LIFE 2007年5月号

ぼーちゃんは、心にいるよ!

育児日記2007年5月号 写真

「ぼーちゃん」は、たっくんの弟か妹。空からたっくんのママを選んで来たけど、帰ってしまった。ママやパパ、そしてオババに何かを伝えにきたらしい。

不思議なことがあった。2週間くらい前だったか、たっくんの様子がかなりおかしかった。しきりに「怖い、怖い」を繰り返したり、ぐずったり、情緒不安定な日が4〜5日続いたという。今にして思えば、2週間前といえば、ぼーちゃんが育たなくなっていた頃だから、帰る準備をしていたぼーちゃんことを、たっくんは知っていたのかもしれない。

「ぼーちゃんはお母さんを選んで来てくれたんです。目には見えないけれど、ぼーちゃんの魂はちゃんと生きていますよ」と、主治医の池川先生は、丁寧に娘に話してくれた。

忘れ物を取りに帰ったのか、下見に来ただけなのかわからないけれど、ちゃんと家族でお産を迎えてあげることに。そして、「ぼーちゃんが生まれたら、海がきれいな石垣島に流してあげたい」と娘。

パパは仕事を休んで自宅待機。ぼーちゃんが生まれるまでの3日間、ぼーちゃんを思い、ぼーちゃんを感じた。そしてぼーちゃんは家族みんなに見守られて、無事生まれた。

流産という悲しい思いをした娘だが、そのことで、命の大きさ、深さ、そして家族というものを感じたことだろう。

その夜、娘がいつものように「ぼーちゃんにおやすみしよう」とたっくんに言うと、いつもお腹のあたりに「バイバイ」していたたっくんが、その日、娘の胸のところに「バイバイ」したという。娘はびっくりして「ぼーちゃん、どこにいるの?」と言うと、やっぱり胸を指す。何度も聞き返したが、同じように胸のところを指差した。たっくんは、ぼーちゃんが今はもう、ママのお腹ではなく、ママの心にいることがわかっているんだ。子どもってすごい。

それから3日後、ぼーちゃんを連れて、たっくんとママとパパは、石垣島へ旅立った。

ぼーちゃんは、そこから船で10分の美しい竹富島の海で、まるで生きて泳いでいるかのように、流れていったという。海は、ママのお腹(羊水)と一緒。ぼーちゃんは、やさしいママに抱かれて気持ちよく海を泳いでいったのだろう。

4人の旅は最初で最後になったが、たっくん一家の心にずっとずっと残るだろう。ぼーちゃん、来てくれてありがとう。オババも大切なことを学びました。

(藤本オババ)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406