オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

LIVE LIFE 2007年4月号

断乳作戦、見事に失敗の巻

育児日記2007年4月号 写真

たっくんのパパとママがインフルエンザにかかった。たっくんが危ない! 実はたっくんファミリーは、昨年末からお正月にかけて、ノロウイルスの家族内感染で全滅状態だった。そこでオババはひらめいた。インフルエンザは発病して3〜7日間感染するという。ヨッシャー! 正義の味方オババは、たっくんを救わなければならないと、「たっくんお泊り作戦」を企てた。

そこで問題がただひとつ。寝る前のおっぱい!

たっくんにとってはブーブー(車)とおっぱいは、命! 車は毎日、新車?を用意できるが、おっぱいは無理。(中古のおっぱいならあるが…)だがタイミングのよいことに、2、3日前から「夜中に何度もおっぱいを飲ませて、おっぱいが痛い」と娘。「だったらこの機会に断乳すれば?」とオババ。

あれぇ、これまで何度か「そろそろ断乳したい」と言う娘に、「たっくんが欲しがるまであげ続けていいよ」「中学生まで飲むわけじゃなし、平気、平気」と言うのんきなオババだった。なのに、オババの育児方針は一転。「人生も子育てもケースバイケースよ」なんて、都合のいいオババ論。

「本当に大丈夫? 夜中に泣いたらどうするの?」と言う娘に「大丈夫、大丈夫。最悪、私のおっぱいがあるよ」と思わず発言。バレバレのオババの悪巧み。

さて、それから5日間、たっくんとオババの生活は、昼間はパラダイス、夜中は地獄だった。

さんざん遊び疲れたたっくんが、おねむモードになるのが夜中の1時、2時。それから抱っこして、子守唄をうたって、1時間くらい立ちだっこ(なぜか、座ると起きる)。手が痺れるほどひたすら抱いて、やっと寝かせた。五十肩の痛みなど、すっかり忘れていた。

さすがに3日目にはこちらも賢くなって、早めにドライブ作戦を実施。これは見事に成功。車で15分、みなとみらいエリアを一周しただけで、たっくんはすやすやと眠りについた。日中は天使、夜中は悪魔になるたっくん。

そうこうすると、大変、大変。ママのおっぱいがSOS。たっくんが飲まなかったために、乳腺が詰まってしまった。ママを救える正義の味方はたっくんしかいない。たっくんがおっぱいを飲むと、わずか数分でママのおっぱいはスーッと楽に。そして、久々のおっぱいに喜ぶたっくん。親子のつながりってすごい。やっぱりママには勝てないオババでした。

(藤本オババ)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406