オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

オババの育児日記 たっくんに完敗ものがたり

LIVE LIFE 2006年4月号

ドキドキ初雪体験

育児日記2006年4月号 写真

先日、初めての雪体験をしたたっくん。

「あの、冷たくて、真っ白な雪を見て、触れて、たっくんはどんな顔をするんだろう?」。その顔を想像しただけで、私の心は騒いだ。

早朝、我々一行はスキー場に到着。車外へ出ると一面が銀世界、自然の匂いと空気の冷たさに、たっくんはすっかり目が覚めて、360度の視界を見渡した。

冷たい風にも、山の匂いにも、敏感なたっくん。早速、雪の上におすわりさせてみると、「えっ! 何?」と一瞬の戸惑いを見せたが、たちまちごそごそと動き始めた。いつものハイハイとは違う何かを感じているのか、何だか動きが鈍い。警戒心たっぷりのイグアナみたい。

しかも初めてのスキーウェアは、動きにくそう。手にはグローブみたいな手袋。着ている本人はやや不満げだが、パパとママは、スキーウェア姿のたっくんに上機嫌。

「この白いものは何? 触っていいの? 触っちゃうからね。このミシミシって手に感じるもの何? おうちでハイハイしているときと、ぜんぜん違う。こないだオババにこっそりもらった、あの冷たいアイスクリームみたい。どんな味がするんだろう。舐めちゃうおうかな?」。オババの心に、そんなやんちゃなたっくんが騒いでいた。

子どもは感動しながら成長する。たっくんを見ていると、それがすごくわかる。でも、その感動を味わうためには「勇気」がいる。もしかしたら、それはたっくんに限らず、すべての人にいえることなのかもしれない。

間もなく1歳になるたっくん。現在、彼の芸のレパートリーは、バイバイ、上手じょうず、おつむてんてん、すきすき、あーと(ありがとう)。

笑顔で次々に芸を披露するたっくんに、みんなが拍手して歓声を上げる。たっくんの回りは、いつだって笑顔がいっぱい。みんな、そんなときあったよね。それがいつの間にか、○○ちゃんよりしゃべるのが遅いとか、オムツがまだとれないとか言い出して…、そのうちテストの点数が気になってくる日がやって来るんだよね。いや、たっくんの未来は、そんなちっぽけな未来じゃない。

億分の1という確率で、生まれて来る子どもたち。まさに奇跡の子。わが子に、君の存在そのものが感動だってことを伝えられるのは、私たち親や家族の役目だと思う。

(藤本オババ)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406