藤本裕子の本『百万母力』

池川明先生のCD『胎話音楽』&本

『百万母力』〜「お母さん業界新聞」コラム集

百万人の心に届け!「お母さんの心」

『お母さん業界新聞』でおなじみ・藤本裕子の辛口コラム「八面六臂」が本になった!「お母さん」にこだわり続ける藤本裕子が、お母さんの視点で一筆入魂。あったか〜いお母さんの心と熱〜い本気が決め手。これを読めば「母力」スイッチがオンになり、毎日がキラキラと輝き始めます!子育てに悩んでいるお母さん、子育てをもっともっと楽しみたいお母さんへ。10年間の子育て支援の歴史がギュッと詰まった一冊。お父さんや子育て支援者の方も必読です。

●札幌の紀伊國屋書店で「百万母力」出版記念トークショー開催!

こちらからご覧ください。

●著者より

10年間たくさんのお母さんに出会い、新聞をつくりながら、子育てについて思うことを綴ってきた。家族の衣食住はもちろん、健康管理や教育などすべてを支えているお母さんは、まさに八面六臂の活躍。

だが、母親という役目だけでなく、ひとりの女性、ひとりの人間として輝くことができたら…そんな思いを込めて、毎回、一筆入魂。本書では、時には怒り、時には涙し、そして感動する、藤本裕子の喜怒哀楽がそのまま文章になっている。

今、子育て中の母親たちは、二十四時間、三百六十五日、いっときも休みのない子育てに、多くのストレスを感じている。「子育ては大変」「子育ては我慢の時期」と、社会にはネガティブな情報ばかり。しかし、ひとりの人間を産み育てる「子育て」は、大変で当たり前。

でも、その大変さと同様、いやその何百倍も、喜びや感動がある。子どもはいつか離れていく。けれども子どもは、いつだって母親の生き方を感じている。「お母さん」に終わりはない。だから、お母さんはスゴイし、子育ては素晴らしいと、繰り返し言う。

お母さんたちには、もっと自分に自信を持ち、お母さんであることを誇りにして、毎日を生きてほしいと思う。本書を読んで、「お母さんっていいな。自分ってスゴイのかも」と思ってくれたら最高! 

また、子育て支援者の皆様には、近年の子育て環境や子育て支援の変化、あり様を感じていただき、その上で「これからの子育てに必要なものは何であるか」を考える、きっかけにしていただければ幸いである。 (藤本裕子)

●スタッフより

「お母さん」にこだわり続ける藤本裕子が、お母さんの視点で一筆 入魂。あったか〜いお母さんの心と、熱〜い本気が決め手。これを読 めば「母力」スイッチがオンになり、毎日がキラキラと輝き始めます! 「百万母力」の意味は2 つあります。お母さんの力は、十万馬力の鉄 腕アトムより大きい。100 万人のお母さんに「お母さんの心」を届け たい。

内容は、10年間のトランタン(藤本)の歴史と、子育て支援の変遷がよくわかり、とても読み応えのある本です。はっきりいって、「かなり濃い〜」です。

お母さんたちへのやさしく厳しいメッセージがたっぷり。これでもかこれでもかとお母さんはスゴイ、お母さんっていいよね、子育ては素晴らしい、子どもって最高だねと書いています。

10年前から同じ台詞を繰り返している藤本ですが、本人いわく「10年前の台詞と今の台詞とでは同じようでいて、ぜんぜん意味が深さが違うんだよ〜」と。それだけ、人間って成長するものなんですね。

それにしても、どの時代も直球勝負の藤本。それを「厳しい」「きつい」ととる人もいますが、深い愛情があってこその言葉と思っていただければと思います。

藤本のお母さんたちへの思い、ハンパじゃありません。関わるすべての人に対してもそうですが、常に、真剣なんです。藤本、いつだって、裏表がないというか、ウソがつけないというか、不器用というか、本気、本気、熱いオンナです。

本を読んだお母さんが、「お母さん」である喜びを感じ、毎日を笑顔で過ごしていただけたら最高です。(お母さん業界新聞編集スタッフA)

●感想になっていない感想です。

○すべてのお母さんが持っている力「母力スイッチ」を、On にするか、Off のままか…。私は子どもを産んで「お母さん」 になったけれど、まだまだ「お母さん」になってないなぁな んて感じる。この本を読みながらワクワクっと気づいたり、 ドキドキッと反省したり。読みながらイロイロな色の「母力」 が発見できたかな。(石坂香)

○「百万母力」。すごく、いい。何がいいかと言葉にしようと したけれど、私の表現力では追いつかないような気がして、思 考ストップ…。ただ、読み終えた後の日常―子どもが眠る横 にもぐりこみ、寝息を聞く。明日の朝ごはんなににしようかな、 と考える。散歩中に、大きな木の幹の模様を発見する。―そ ういう時に、体の中からどわっとうれしい気持ちが膨らむの を感じた。これは何でしょう。とにかく、いい気持ち。私も やるぞぉー! とってもオススメです(^−^)b(打海可奈子)

・2010年3月23日の神奈川新聞に掲載されました。

・2010年3月10日の朝日新聞に掲載されました。

・2010年3月3日の聖教新聞に掲載されました。

・2010年2月7日の公明新聞に掲載されました。

著者/株式会社トランタンネットワーク新聞社代表

お母さん大学学長代理兼1年1組 藤本裕子藤本裕子 写真

1956年福岡県久留米市出身、横浜市在住。全日空客室乗務員として勤務後結婚、3女を出産。子育てをしながら慶應義塾大学経済学部を卒業。1989年『トランタン新聞』を創刊。1995年トランタンネットワーク新聞社設立。子育てや教育をテーマにした情報誌制作、イベント、保育園、たまり場、まちづくり事業など20年間にわたり、子育て支援活動を展開。これまで常に母親視点で展開された事業は営利目的ではなく、「お母さんたちの笑顔」追求型。子育て業界ではパイオニア的存在。母親の代弁者としての評価は高く、マスコミ出演、執筆、講演活動も多い。全国各地で母親向けの講演会を開催するほか、企業や行政に研修やコンサルテーションを行う。2002年大阪市の教育情報誌『教育大阪ビーボラビータ』の編集長に就任。2006年、健康情報誌『ヴィサン』の編集長に就任。「シニアファッション研究所」を設立。2008年春「お母さん大学」設立と同時に、百万母力の子育て情報紙『お母さん業界新聞』をウェブと紙で創刊し、精力的に活動中。元気のもとは夢とTUBE。

[エッセー八面六臂]http://www.30ans.com/86/

[スペシャル対談]http://www.30ans.com/specialtalk/

「お母さん業界新聞」コラム集『百万母力』 藤本裕子の本 ご案内本『百万母力』写真

著者/藤本裕子
発行/論創社刊

価格 1,500円税別(送料200円/1冊〜)

★10冊セットの場合は、送料無料!!

ただ今、お申し込みいただいた方に「月刊 お母さん業界新聞」サンプルを差し上げます。
発行/トランタンネットワーク新聞社
年間購読料/3000円(12回送料込)
お申し込みは以下の「買物カゴに入れる」をクリックしてください。
TEL、FAX、でも受け付けます。
〒221-0055 横浜市神奈川区大野町1-8-406 TEL 045-444-4030 FAX 045-444-4031


★アマゾンでも購入できます。送料無料なのでお得です。アマゾンで買う写真



■百万母力スペシャルセット販売

お母さん業界新聞コラム集「百万母力」(藤本裕子著/論創社刊)と、百万母力プロジェクトのテーマソングCD「はじめての日」と「お母さん業界新聞」のセット販売です。ご自身はもちろん、出産のお祝い、友だちや娘へのプレゼントにも最適です。

(特典1) オリジナルメッセージカード付き

(特典2) 送り主のメッセージを入れます

(特典3) 送料無料

★Aセット本『百万母力』と『CD』写真

CD(1000円)+ 本(1500円)+ 送料300円=2800円⇒ 2500円(特価)

セット

Bセット

CD(1000円)+ 本(1500円)+「お母さん業界新聞」(年間購読料3000円)+ 送料300 円=5800円本『百万母力』と『CD』と『新聞』写真5000円(特価)

セット
ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406