八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

2010年3月号

宇宙からの「百万母力」レビュー(評価)

「居ても立っても居られず筆を執るとは、こういうことなのでしょうか…」。これは、今届いたばかりの手紙の冒頭の言葉。差出人はUさん。先日出版した私の本『百万母力』を読んだ感動文(感想文)らしい。

本人に内緒でちょっと紹介。 「砂の下から温泉の源泉がバフッバフッと噴出しているような…」「頭が真っ白になり…」、かと思うと「心がびんびんで…」。さらに「自分の中でぐちゃぐちゃです…」。

ちなみにUさんは、「お母さん業界新聞」のお母さん記者で地域版編集長。本人の名誉のために地域はヒミツ。

決してまともな文章とは言えない。どう見ても支離滅裂…(笑)。だが私には、今にも溢れそうなUさんの気持ちが、心の芯まで届いた。

確かに言葉は大事。流れるような美しい文章で感想を述べてくれたら、きっと多くの人が響感し、この本を買ってくれるに違いない。しかし、バフッバフッ、びんびん、ぐちゃぐちゃ…では、アマゾン(ネット書店)のレビューに書いても、意味不明で本は売れないだろう。

でも、私はUさんのこの言葉を、一生忘れない。しっかりと心の中に刻んだので、ボケても忘れないだろう。

「お母さん業界新聞」は、お母さんの心を伝える新聞。日頃からお母さん記者には、どんなに素晴らしい文章も言葉も、心がなければ伝わらないと話している。

バフッバフッ、びんびん、ぐちゃぐちゃ…。まるで、宇宙人の言葉だ。しかし、お母さんは宇宙とつながっているというから、それも悪くない。

10年分のこのコーナーが一冊の本になり、私の出番もそろそろ終わりのような気もしてペンが進まずにいたところ、タイミングよく届いたUさんからの手紙。おかげで、今号の「八面六臂」が完成! やっぱりあなたは、私の愛する仲間・同級生だ。ありがとう。

最後にもう一度、『百万母力』はお母さんの心がバフッバフッ、びんびん、ぐちゃぐちゃ…になる本です。

宇宙からレビューが届くなんて、きっとこの本、宇宙規模で大ベストセラーになるに違いない。

やっぱり百万母力だ。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406