八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

2008年4月号

お母さんなら、わかる

新聞や雑誌をつくって19年になる。これまで制作に関しては、何ひとつ不安を抱いたことはなかった。が、この『月刊お母さん業界新聞』の創刊準備号は、正直、苦しかった。情報も、企画もたくさんある。なのに苦しんだのは、この新聞が、子育ての原点を伝える新聞だからだ。「子育ての原点を伝える」って、そんなに簡単なことではない。コンセプトなんてレベルのものではない。むしろ、そんなに簡単につくってたまるかと、見えない相手と闘っていた。ある意味それは、自分との闘いだった。

そんなとき、お母さんは闘ったらダメよと、どこからか声が聞こえた。川が流れるように、自然な流れが一番いいんだよと。でも、自然っていったい何?

自然分娩、自然育児、自然農法…。普通に解釈すると、医療技術が介入しないお産、自然の中で子どもを育てること、農薬を使わない農法。だがその説明では、どこか物足りない気がする。「自然」という意味は、もっともっと奥深いものではないか。

世の中のすべてのバランスがおかしくなっている。過度に利便性を追求、経済重視の社会が、人間の心のバランスを崩した。樹齢数百年の木々は、互いに生きるためにほどよい間隔を保って立っている。凛としたその姿に、自然の摂理を超越した美しさを感じずにはいられない。そうした自然に一番近いところで生きている子どもたちが、体当たりで、私たちに大切なことを教えてくれている。

一人ひとりの母親たちが、母親であることに喜びを感じ、その思い(記事)を発信する。それは、どれほどの出会い(学び)につながるだろう。そして、その「共感」の場が、私が目指す「お母さん大学」である。 創刊準備号は、高齢出産でボロボロの私が出産。だがこの先、若いお母さんたちに、この新聞をバトンタッチしていくことが、私の夢であり、使命でもある。

社会のため、未来のため、子どもたちのため、なんてうそっぽい言葉を並べても気持ち悪い。ただ望むのは、ただ祈るのは、わが子の笑顔。それが、どれほど自分を感動させ、幸せにしてくれるか。

お母さんなら、きっとわかる。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406