八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

LIVE LIFE 2006年10月号

5月の約束

トランタンが企画制作している『教育大阪ビーボラビータ』の巻末(カラー4頁)に、大阪で活躍中の12人のアーティストを紹介するコーナー「つくるということ」がある。すでに8名のアーティストの取材を終えた。

アーティストたちに共通しているのが、語る言葉が少ないということ。作品で表現しているからだろうか。それでも一つひとつの言葉が心に深く強く伝わってくる。

ものづくりへのこだわりは半端ではない。作品を生み出しても生み出しても際限のない思い…。表現する人にゴールはないのだろう。いい加減な作品をつくることを恥とさえいう、ものづくりに賭ける一途な思い。そんな心地よい価値観を、ますます喜んでいる私がいる。

絵画や工芸作品ではないが、私も「新聞」というものをつくっている。だから、彼らの言葉がうれしいし、「同じ仲間になりたい」と思う。

17年間も新聞をつくってきた。新聞の目的は情報発信だが、そもそも「情報」って一体何だろう。これだけの情報社会にあって、求められる真の情報とは…。それこそが、リブライフのテーマかもしれない。

そんな折り、12人のアーティストの一人、古池英貴さんと出会った。彼は自閉症という障害を持っている。ホテルの会議室で取材をした。取材といっても、彼と会話はしにくいため、彼をサポートしている絵の先生やお母さんから間接的に話を聞いた。

取材が終わって、古池さんにお礼の意味で握手をした。そして別れ際に、「今度、横浜にも来てくださいね」と言うと…、古池さんは、初めて私に向かって口を開いた。

「いつ?」。

その言葉に、頭をガツンと殴られた気がした。

社交辞令のつもりはなかったが、どこか無責任に発言している自分がいた。古池さんに失礼なことをしたと、深く反省した。

古池さんは今、かつてトランタン新聞社のオフィスがあった、横浜の氷川丸(山下公園)の絵を描いているという。私にプレゼントしてくれると聞いて、うれしかった。

あの日、私と出会ったことを、古池さんが「ひとつの作品」として描いてくれている。

人の心に寄り添えない人たちで溢れている現代社会。なのに古池さんは、心で真直ぐにコミュニケーションしていて、すごいなと思った。

来年5月に、古池さんは横浜に来る。約束しよう。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406