八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

LIVE LIFE 2006年2月号

「虫酸が走る」

人生の後半にさしかかろうとしている今、つくづく思うのは、楽しくないことには1分1秒だって関わりたくないということ。だからといって、一日じゅうだらだらと本を読むことが無駄ではなく、これはむしろ上質の無駄で大歓迎。しかし、一番いやなのは、意味のない空間に自分がいること。

気持ちのない会話、心のない仕事、空気が読めない人、言い訳ばかりの無責任な人、自分を守ることだけしか考えない人たち…。虫酸が走るというのが、まさにこれ。

ここに自分がいる意味とか、役目とか、もっと深くいえば、自分の存在、生きている意味を、考えていない人があまりにも多過ぎる。

食べることだって、どうでもいいとは思えない。むしろ、人間、食べることに関心がなくなったら終わり。食育なんて言葉ではなく、もっといいセンス(感覚)で食べることの喜びや感謝の気持ちを味わいたい。

遊ぶなら最高に楽しく、仕事なら意味のある仕事を。できるだけ美しいものを見て、素晴らしい人と出会い、心の底から感動したい。

そう思っていると、だんだん人とのつきあいも限られるし、仕事もなくなっていきそうで、困ったものだ。

こんな風にヘンになってきたのは、やはりモノ(新聞)をつくってきたからかもしれない。経済偏重の世の中では、ものづくりにこだわればこだわるほど、今の社会には整合しない。また、人づくり(教育や子育て)も、社会のしくみの中でますます砂漠化している。

その砂漠の中で、子どもが苦しむ姿が見え隠れしていることに、どれほどの大人たちが気づいているのだろうか。わかっていて知らんふりなんかしている奴は、もう人間なんかやめたほうがいい。

お金さえあれば、夢も買えると言った男は、経済社会の頂点から一気に落ちていった。しかし、彼の失脚をただ笑うだけでは済まされないだろう。なぜなら、彼もまた、化け物が住む社会の犠牲者のひとりに過ぎないからだ。

そんな私もまだまだ浅い。この歳になってようやくそんなことに気づいたばかりで、とても偉そうにいえたものではない。

でも、人生折り返し地点に立った今だからこそ、残された時間を大切に、意味あることに、自分の全エネルギーを注ぎたい。心からそう思う。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406