八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

LIVE LIFE 2006年1月号

初夢「お母さん大学」

大きなキャンバスに向かい思い思いの絵を描くママたち。筆を持つのは何年ぶり!と、隣りのママたちとおしゃべりをしながらアートを楽しんでいる。子どもたちは外の壁をキャンバスに、思いっきり芸術を爆発させている。

お隣の畑では地域のシニアが、子どもたちを集めて農作業。うぁ〜、でっかい大根〜、芋掘りしたい! こらぁ〜、まだ掘ったらダメだぁ!。泥んこの子どもたちは、土の上を歩くだけでもワクワクドキドキ!

その向こうからきれいな音色が聞こえてくる。ピアノ、バイオリン、チェロ…。音楽が得意なママたちが、オーケストラを結成。ここは、子どもではなく、ママがお稽古する場所。スタジオでは、ビヨンセやアリシアみたいな、かっこいいママたちが、リズムに合わせてヒップホップダンス!

奥の部屋には、パソコンが100台も並んでいる。世界じゅうの人たちとインターネットを通じて交流。テレビ電話を使って、数か国の人たちと同時におしゃべり。今晩のメニューは国際井戸端会議で決まり!  

シアターでは、いつだって巨大スクリーンで映画が楽しめる。そのほかお芝居やミュージカルの上演もあるし、観るだけではなく、製作チームにも参加できる。

ちびっ子は保育園ではなく、子どもの基地に集合。みんな異年齢の子どもと遊んでいるから、成長も早い。ここはママを待つ所じゃなくて、子どもたちが自主的に活動する所。だから、大人は簡単には入れない。

おなかが空いたら広場の屋台でランチ。ゆっくりしたいママは、緑いつぱいのオープンカフェへどうぞ。ここではママのDJがいて、音楽とトークで楽しませてくれる。リクエストもOKだ。 ビジネスセンターには「母親限定」の求人情報がズラリ。お母さん歴が長い人は高収入。ここでは「学歴」ではなく「母歴」が勝負だ。

海のすぐ近くには、助産所もある。波の音を聞きながら、星を眺めながら、家族みんなで生まれ来るその瞬間を待つ。赤ちゃんが生まれたら、みんなでシーサイドパーティー。 情報ならお母さんの新聞社にお任せ。ママたちは、毎日取材をしながらいろいろな人と出会い、その出会いに感動し過ぎて言葉では表現できないと、記事が書けない人が続出。これは、深刻な問題だ…。

う〜ん、むにゃむにゃ…まだまだ続く…起こさないで。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406