八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

八面六臂 藤本裕子の辛口エッセー

LIVE LIFE 2004年5月号

自分の居場所はどこ?

目に見える数字だけで、全国に13万人もいる不登校の子どもたち。 そのためのスペースが全国各所に誕生している。フリースクールという名もあれば、〇〇塾というものもある。

ある所は、パソコンとゲームを置いただけの部屋。それに興じる子どもと、交替でサポートをするボランティアと話す数人の子どもたち。

プログラムひとつないこの場所が、子どもたちにとっては「自分の居場所」。

何もない所で、子どもたちは時を過ごす…。それでも学校よりは、はるかに居心地がいい。

学校という場で、自分の居場所を見つけられない多くの子どもたち。子どもたちが行けない、行きたいと思えない学校って、一体何だろう。 

子育てをしている母親も、また同じ。自分の居場所が見つけられないまま、「子育て」という枠にがんじがらめになって、親子で苦しんでいる人がいる。深刻化する虐待問題の、解決の糸口も見つからない。

自分の居場所って、どこにあるのだろう…。 ある本にあった「不登校の子どもを学校に戻すのではなく、人間に戻そう」という言葉に、ハッとした。

子どもを「人間」に戻す…

母親を「人間」に戻す…

今の教育に足りないもの、今の子育て社会に足りないものは何? 一人ひとりが、真剣に考えるべき時が来ている。

なぜなら、苦しんだり悲しんだりするのは、いつも弱い立場の子どもたち。本来なら守るべき存在なのに…。

人間になれる場所ってどこ?

そこが、本当の自分の居場所かも知れない。

(藤本裕子)

バックナンバーの一覧へ戻る

ページのTOPにもどる
老若男女響学「お母さん大学」プロジェクトはこちら
お母さん大学メルマガ藤本でこぼこ通信 登録はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
『百万母力』はこちらから
ブンナプロジェクトはこちらから
池川 明先生のDVD「胎内記憶」&本のご購入はこちらから
 
株式会社トランタンネットワーク新聞社 〒221-0055 神奈川県横浜市神奈川区大野町1-8-406